デジタルパーマとは? - 鎌ヶ谷市 鎌ヶ谷大仏駅ビルの美容室

美容室 TIARA-ティアラ-

Q&A, スタイル写真

デジタルパーマとは?

これがデジタルパーマをかけるときの機会です。
二人同時にかけることが出来る機械です。

温度調節は(50℃、110℃、120℃、130℃、140℃)
の4つから選びます。

時間の設定は1分~9分までです。
これを選んでいきます。

Sany0814

これがロットとカバーです。
ロットの大きさでウエーブを決めます。
カバーをかけることで、水分の蒸発を逃がさないことと
均一に温度をたもつ保温効果があります。

Sany0815


このコードを付けることで、電気が通って温かくなります。

Sany0818


デジタルパーマをかけるときの初めの工程です。
1液というものをつけます。

キョウセイのときと同じ工程です。

通常パーマはロットを巻いた状態で薬を付けますが
デジタルパーマはここが大きく違うところです。

ここでは大まかに言うと、髪の情報をリセットしているとイメージ
すると解りやすいです

Sany0706


髪の太さ、ダメージ度合い、などで
薬の選定と放置時間を決めていきます。

髪が細いのに薬が強いと傷みます。
時間を置きすぎても傷む原因になります

Sany0740


1液を流した後に、濡れた状態のときにトリートメントなどを
付けて、ロットをつけていきます。

Dvc00004

濡れた状態でロットを巻いて電極のコードを付けます。
そして、カバーをかけていきます。

温度選定と時間を決めます。
この時、温度が高すぎても傷みますので注意が必要です。
あらたにウエーブの情報を入れていると考えると解りやすいです。

例えると
プリンを型に入れた状態です。

この後に2液というものを付けます。
ここはパーマと一緒ですね。

2液を簡単に説明すると
入れたウエーブの情報を記憶させるとイメージして下さい。

例えると
型に入れたプリンを冷蔵庫で冷やしている状態です。

こうして時間がきたらロットを外して流します。

スタイリングして終わりです。

乾かすだけで簡単にできちゃいます。

2_4

つまりデジタルパーマとは
1液で情報をリセットしします。

そして
ロットを巻いて湿熱(濡れている状態で熱を与えること)で
ウェーブの情報を入れていく。

最後に
2液でウエーブの情報を記憶するということです。

湿熱をつかってウェーブをかけることです。

この記事を共有する

髪の傷みを解消したい方へ

鎌ヶ谷市,鎌ヶ谷大仏駅の美容室

平日19時半まで受付 駐車場あり 鎌ヶ谷大仏駅より徒歩0分 持ちが良いと評判 当日予約可

【初回限定】ご新規様限定価格

カット 3,600円→3,100円(税別)

カラー・カット 10,000円→8,000円(税別)

【初回限定】カラーの臭いが気になる方へおすすめ

お水のカラー 7,000円→5,500円(税別)

【初回限定】パーマの臭いが気になる方へおすすめ

お水のパーマ(クリスタルウェーブ)

10,000円→8,500円(税別)

お水の縮毛矯正~今までにない質感へ~

お水の縮毛矯正 17,000円→14,000円(税別)